蟹を一番おいしいく食べる食べ方について

蟹で一番おいしい食べ方は、毛ガニの刺身がダントツです。もちろん、活き蟹の新鮮なものでないと食べることが出来ませんので、本場の北海道に行かなければ食べることは出来ませんが、殻を剥いて、冷水にとった、その身はまるで樹氷のように、かにの身が開き、見た目も美しく、口に入れた瞬間、なんとも言えない甘味が口中に広がります。北海道はかにの種類も豊富で、ほとんどのかには浜湯でのボイルされた状態で入手できます。毛ガニの他に花咲ガニやタラバガニを食することができます。確かにタラバはその身も大きく、食べ応えはありますが、実はかにではなく(かには足が10本、タラバガニは足が8本のため本来のかにではありません)実はやどかりの仲間です。タラバは身が大きいので食べ方は炭焼きが一番です。花咲がにもおいしのですが、かにの食べ方の醍醐味であるかにみそが少ないため、毛ガニに較べると、その楽しみがないため、ちょっと惜しい点があります。毛ガニを食べる際、みその入った甲羅はそのままにとっておき、その甲羅の中にほぐした身をいれ、ミソと身をあえて食べる。カニの身をほぐすのは、少し面倒ですが、一度やったら病みつきになります。また、身は身として味わい、ミソの少し残った甲羅に熱燗にした日本酒を入れて飲むと、お酒とカニの風味が合体し、左党には堪えられないものです。かにを食べる際、三杯酢が常套という方も多いと思いますが、本来のかにの味を堪能するなら、何も調味料をつけないで食べるのが一番です。やっぱり、自然の味が一番、本来のうまみを持っているといっても過言ではないと言えます。ひとつ、注意する点として、毛ガニそっくりのカニで栗ガニというのが出回っており、毛ガニより、随分小ぶりですぐ分かるはずですが、要注意です。


また、他の蟹の種類としてはズワイガニが挙げられますが、この蟹は地方で呼び名が変わります、ズワイガニは北海道の名称で、東北地方や以南では越前ガニと称され、一部はブランド化しています。この蟹がたいそう珍重されますのは、なんといってもこのかにの醍醐味と言える、メスガニの内子=卵にあると断言できます。食べ方は毛ガニ同様、刺身かボイルでしょう。身入りは毛ガニに比較しますと、足が華奢で細い分、繊細な感じがします。しかし、鍋ものにも、よくマッチする点や、日本近海で数も多く捕れるため、結構ポピュラーに味わえるかにです。その他、中華の食材の蟹として上海がにが挙げられますが、これは、日本ではモズクガニと称される小型のかにで、地方によっては殻ごと、そのまますりつぶし、何度も濾して、汁として頂くのが良いようです。実際、上海ガニがボイルされたものを、食したことがありますが。あまりの小ささと身入りの少なさに閉口した記憶があります。どの、蟹もそれぞれ、特徴がありますから、食べ方も色々と研究してみるのも一考です。 かにの缶詰として、侮れないのはタラバに留めを刺します。身が崩れないこともありますが、缶を開けた瞬間、脚の身がごろりと入っているのを見ますと、ある種の感動さえ覚えますが、なにしろ、かなり高価な点で購入を躊躇してしまうのが難点でもあります。 比較的安価なズワイの冷凍ものや缶詰はグラタンにしたり、ピザの具やチャーハンの具等にも利用できますので、ちょっと豪華な御馳走を作る際には、大変便利な利用法だと言えます。また、ズワイの爪の部分は身入りも多く食べ応えも結構ありますので、よく、オードブルでみかけるフライにすると、お酒のアテには抜群で友人や子供さん達にも、かなり高得点の評判になります。

鹿児島市 不動産情報

☆札幌の脱毛サロンと言えばBrilaでしょ☆何と言っても価格が安い!

鹿児島市 不動産情報